信頼できる歯医者探し

歯医者というと生命において重要ではないと思われる方も多いでしょうが、歯は生きていく上で非常に大切で、その歯をケアする歯医者の存在は常に考えなければならないものです。そのため通院する歯科の信頼も大切です。

矯正歯科の今後

矯正歯科は自由診断で、保険が適用されません。基本的に高額な治療費が発生しがちですが、矯正の必要性は年々高まりつつあり、低コストで矯正できるように保険適用枠の拡充など様々な取り組みが行われています。

歯科の時間について

歯科治療と言っても様々な治療内容があり、治療内容によってはかかる時間も料金も大きく異なります。歯科治療で待ち時間が長いのはこのためで、一人で数時間を占有する場合もあります。予約制があるのはこのためです。

痛くない治療

痛くない治療のためには予防から

病院に行くのが好きという人は少ないですが、特に歯科は苦手な人が多いのではないでしょうか。よく聞かれる理由としては、やはり痛み、そしてあのキーンという音が挙げられます。痛いのは誰でも嫌ですが、音については痛みと結びつけて記憶してしまうために苦手な人もいるのではないでしょうか。しかし、いくら苦手と言っても、虫歯になったら歯科にお世話にならずにはいられません。虫歯は自然治癒しないため、放っておくと酷くなるばかりです。では歯科の恐怖を克服するにはどうすればいいのでしょう。それにはまず予防です。ひどい虫歯にならなければ痛い治療をする必要はないのです。そのためには、虫歯がないうちから歯科に行き、定期的にメンテナンスをすることをお勧めします。

安心してメンテナンスを受けましょう

出来ることなら、まだ虫歯のない乳幼児の頃からかかりつけの歯科を作って、定期的に口腔状態を観察してもらうのが一番です。初めての歯科受診というと、虫歯がひどくなったため仕方なく受診し、痛い治療をされたという人が多いのではないでしょうか。そんな出会い方をしては、いくらきちんと状況を説明されても恐怖心の方が勝ってしまいます。まだ虫歯がない頃から歯科に通い、ブラッシング指導やフッ素塗布などを行うことで、歯科は怖くない所だと分かります。また、そうすることで虫歯になりにくく、なっても早期に治療できるため痛い思いをすることはありません。理想は子供の頃から定期的に通うことですが、大人になってからも、虫歯治療が終わったからもう行かないというのではなく、虫歯がなくても半年に一回は歯科で口腔状態を点検してもらうのが理想的です。虫歯だけでなく歯槽膿漏や口臭の予防にもなりますよ。

むし歯の仕組みとは

むし歯と聞いて説明できる方はいるでしょうか。むし歯とは虫歯菌という細菌に感染している状況の事を指し、歯の内部で進行していきます。進行度が進めば神経近くまで侵食し、痛みを感じるようになります。

メンテナンス

インプラントを行った後は必ずメンテナンスを行なう必要があります。このメンテナンスを拒否することは出来ず、そもそも治療前にメンテナンスが出来るか問診されます。そのためインプラントは治療だけでは終わらないのが一般的です。